21018978919_3d4203dab2_k

課題保有者の情熱をエネルギーにして、誰のためでもなく、自分たちのために作る

前回の「僕のCIVICTECH観:非営利団体におけるCIVICTECHとは〜組織作り編〜」では、Code for Kanazawaというシビックテックコミュニティを作り、これまで運営してきた経験から、組織づくり、特にポリシーと呼ばれるものの必要性について述べました。

今回のプロジェクト編では、そういうポリシーというものができているシビックテックコミュニティに人が集まってきたとき、どういう方法で実際にシビックテックを実践していくのが良いか、それについて考えてみたいと思います。

僕の中では、ポリシーが戦略、そして今回のプロジェクトは戦術だと考えています。ですので、組織作り編の記事を読んでない方は、まずそちらから読まれることをお勧めします。

理事だからと言って口を出さない、メンバー自らが考えて課題解決を行うプロジェクト制


さて、Code for Kanazawaに参加するメンバーの第一義はお金ではないことだけは確かです。もし、お金だったら、残念ながらこの三年間その願いは叶えられていませんし、現実の活動の中でそういうお金の匂いはしないでしょう(ただ、この活動をメンバー自分自身のビジネスに役立てていくことは充分できると思っています)。

では、参加するメンバーのモチベーションはどこにあるのでしょうか?人によって異なるのはもちろんですが、自らのスキルを社会に役立てたいという意識や自分や周りが持っている課題をなんとかしたいという想いから参加している方が多いのは間違いありません。
そうした人たちが参加して、何らかの活動に取り組み続けていくために考えたのが「プロジェクト制」です。

Code for Kanazawaが考えるプロジェクト制は、とてもシンプルです。
まず、地域課題に取り組むためにプロジェクトチームが編成されます。Code for Kanazawaの中でプロジェクトを作る条件は二つだけです。一つは、できるだけシビックテック的な取り組みを行うこと。できるだけオープンに、できるだけ非営利視点で活動してもらいます(非営利活動のための資金獲得は問題ありません)。もう一つは、ポリシーにもある通り、著作権を(一社)コード・フォー・カナザワに譲渡して頂くことです。
その後、プロジェクトリーダーをチームの中で自主的に決めてもらい、プロジェクトチームはリーダーのもと、課題解決に取り組んでいきます。

Code for Kanazawaは一般社団法人として法人化されていますので、任意団体として設立時に参加したメンバーがそのまま理事となっています。言わば、団体のコアメンバーと呼べるかもしれません。当然、理事会も開催されていますが、理事会が事業の全てを執行したり、承認したりするわけではありません。
理事たちはあくまでCode for Kanazawaのシビックテック活動が健全に推進されているかどうかに最も重きを置いて活動しています。個々のプロジェクトの中身をどうこう言うのではなく、コミュニティ全体やプロジェクトがCode for Kanazawaのポリシーに沿っているか、非営利型のシビックテックコミュニティとして活動できているかを常に気にする存在として機能しています。
そして、もし、プロジェクトの活動そのものが気になり口を出したいなら「一人のプロジェクトメンバーとして」理事も参加すれば良いと考えています。

その精神は非営利型コミュニティだからこそのフラットな組織を構築したいからです。
理事だから、コアメンバーだから、という理由で口出しされて喜ぶ人たちはあまり多くないはずです。口出しはプロジェクト内に入って自分が関わってこそできることだし、そもそも理事だからではなく、経験やスキルをもとに評価されることだと考えています。

001


なお、身内のことで恐縮ですが、僕にとってCode for Kanazawaで理事を務めて頂いている方々は、皆、評価に値する素晴らしい方です。日本にCode for コミュニティが何もなかったときに、その可能性を信じてともに団体を設立し、最初のプロダクトとなる5374を生み出すことができました。まさに黎明期のCode for Kanazawaは現在の理事を務めている方たちを含めた初期メンバー9人の力がなくては活動できませんでした。
今、その経験とスキルは、理事だからということではなく評価できると思います。もちろん、だからこそ理事であるのかもしれません。

1009002_565065166874179_127241271_o



「作ってくれませんか?ではなく、プロジェクトを作って自分たちでやりましょう」


プロジェクト制を作っているのは、フラットな組織構築のためだけではありません。一つ一つのプロジェクトが自律的に動けるようにしようという意図もあります。

Code for Kanazawaでは、課題保有者に自分ごととして取り組んでもらい、「作ってくれませんか?ではなく、プロジェクトを作って自分たちでやりましょう」という話をします。
「こういうことが問題だと思いますよ」と言うことはたやすいです。でも、課題は誰かが解決のために動いてはじめて、解決します。

だからこそ、課題を持っている人や課題を強く認識している人が自ら動けるような仕組みが大事です。もちろん、それは一人ではできません。仲間を呼びかけながらプロジェクトチームを作り、チームで解決していくのです。
必ずしもリーダーでなくても良いですが、チームの中心にいるのは課題保有者です。だから、その課題に対して本気で取り組むことができるし、課題に対しての実情もよく分かっています。求められているものが何か分かっていますし、何より自分たちがその解決法を必要としているので、具体的な解決法は(アプリでもサービスでも、アナログな仕組みでも)必ず利用されることになります。

「いや、プロジェクトを作ってなんてそこまでは…」って思う場合は、その人にとってその課題はまだどうしても解決したいものではないのかもしれません。それではチームは作れないでしょう。自分ごとで動ける課題保有者の情熱だけがプロジェクトチームを牽引するエネルギーになるからです。


自分ごとだから本気で取り組めるし、求められるものも分かる。そして必ず使うことになる。この循環こそシビックテック。


Code for Kanazawaは非営利型のシビックテックコミュニティです。
お金が第一ではなく、“自分の住む地域をよくしたい”、”この課題をなんとか解決したい”という強い想いを持つ人たちのモチベーションをどうやって継続できるのか?活動の中でそれをずっと考えてきました。

その答えの一つがCode for Kanazawaのプロジェクト制です。課題保有者を中心にチームを作り、チームは自律的に課題に取り組み、本当に必要とされるものを創り出します。著作物はポリシーに従い(一社)コード・フォー・カナザワのものではありますが、プロジェクトチームの名前やメンバーの名前は彼らの成果として残ります。

“課題保有者の情熱をエンジンにして、自分たちが真に困っていることを解決するものを創り、それを皆が利用する。自分たちも課題解決ができて嬉しいけど、他にも利用してくれる人がいるから嬉しい。そして、課題を解決した自分たちの名前は成果としてしっかり残る。”

その良い循環がモチベーションの維持につながるし、この循環がなければシビックテックコミュニティの活動はうまくいかないのではないかと感じています。


シビックテックにおけるプロジェクト運営の要の役回りは?


次回は、プロジェクトのさらに中に入っていく形で、このプロジェクトリーダーについて話をしたいと思っています。
プロジェクトがうまくいくためには、リーダーの存在はとても大きいです。大げさに言えば、彼(彼女)しだいでプロジェクトの成否が決まるかもしれません。
また、先日金沢で開催されたCivicTechMeetup 2016 Kanazawaで、あるプロジェクトリーダーの言葉から、リーダーを支える大事な役目の人が実はいることに気づきました。まだ気づきのレベルでしかないですが、この部分についても少し考えてみたいと思っています。